ライブ授業の塾で欠席した時はどうなるの?

他の日の振り替えや映像授業で対応

映像授業がメインの塾は、いつどの範囲の授業をするかなどが決まっていません。生徒が自分の都合のいい時に教室に行って、勉強したい映像授業を選んで勉強をします。本来受ける日に用事があったとしても、別の日に受ければ問題はありません。ライブ授業の塾ではその日に行う範囲が決まっているので、基本的には欠席をするとその分の授業が受けられなくなります。ただしクラスが複数あるときは、別のクラスに振り替えて受けられるときがあります。また欠席者用として映像授業が用意されているところがあり、そちらで代用できるときもあります。それぞれの塾で対応が異なるので、クラブ活動でよく欠席する可能性があるならサポートが充実しているところを選びましょう。

振替はなくプリントなどが渡されるのみ

塾で行われる授業は、毎年同じ内容とは限りません。毎年新しいテキストなどが用意され、講師が変更されるときもあります。毎年同じ内容なら、過去に映像授業などを作成しておけば欠席時の補講として使えるでしょう。しかし映像授業の補講を用意していない塾もあり、その時は欠席をするとその分の授業は受けられない状態になります。塾がしてくれる対応としては、その授業で配られたプリントを渡してくれたり、参考資料などを渡してもらえるなどになります。それ以外は自分で友達などからノートを見せてもらうなどして自己学習で追いつく必要があります。もちろん講師がいるので、自己学習をした結果わからないところがあれば個別に教えてもらえたりします。

© Copyright Individualized Live Lesson. All Rights Reserved.